北陸で手汗を考える

手汗でつらかった日々、自分なりの改善方法や気づいたことを書いてます

猛暑に顔や手足の汗が気にならなくなりました

去年の夏は顔の汗が気になっていました。

今年は3キロほど減量したからか、顔の汗は出にくくて出てもすぐに引きました。


今年の夏は梅雨が長く気温が低めの日が続いたあと猛暑が続いたので、去年よりも身体が暑さにゆっくりと慣れることができたのかもしれないです。


主人は5キロ太ったらしく、35度の猛暑日にふと顔を見てみると額から大粒の汗が吹き出していました。


主人は多汗症ではないですが、元々筋肉質で筋肉の上に脂肪がついて余計に暑く感じるだろうなと思います。

顔や身体の汗についてはやはり減量も少しは効果があるかもしれないです。


手や足は今年の夏も汗が出にくかったです。

ただ食べ過ぎたり水分を多量に摂ると汗がじわりと出やすいのは相変わらずです。


手掌多汗症ではない人は高熱を出しても手から汗は多量に出ないと思います。

私は冬に高熱だった時に手や足や太ももの汗が大量に出ました。遺伝的な体質なんだろうと思います。

中年になって交感神経が高ぶることが弱まって汗が減っているだけかもしれないです。


人によって違うと思いますが、弱っている内臓(私の場合は胃と腎臓)が正常に機能するようになることで手や足の汗も抑えられる場合もあるのかなと感じます。


他の病気に伴って多汗症が現れることがあります。

多汗症ガイドラインには甲状腺機能亢進症(バセドウ病など)、褐色細胞腫、先端肥大症などにより多汗症が生じる場合があると書かれています。


アメリカの多汗症の方でブログを2011年から続けている女性がいます。彼女は多汗症に加えて潰瘍性大腸炎という持病があるそうです。

大腸の病気と多汗症との関係は分かりませんが、私は彼女のブログを読んでから自分の多汗症が胃炎とも少しは関係があるのではないかと考えはじめました。

胃炎の治療をしてから自律神経も以前より乱れにくくなったように感じています。

 

汗がじわじわと出てくる日は前日や朝に食べ過ぎていて胃が重かったり便秘気味の時が多いです。手の汗が出る時は体調が普段よりも悪いと感じます。


去年多汗症がおさまるまでは毎日手や足から汗が出ていました。

多汗症が酷かった頃は自分ではいたって健康で体調も普通だと感じていましたが、実はあまり良い状態ではなかったのかもしれません。


今は汗が出ない日がほとんどなので、たまに汗が出た時は気分的なものかもしれないけど調子が悪いとはっきり感じられます。


10代〜20代の頃に1番毎日汗を気に病んでいました。

若い頃に健康的な生活リズムと食事を守り、多汗症の検査に加えて様々な精密検査などを試して治療していたら少しは手の汗を抑えられたかなと考えることがよくあります。


もしかしたら持病や生活習慣が多汗症と関係あるのではないかと長々と書いてきましたが、いまいち決め手に欠けるようにも思います。


なぜならば私の場合は10代・20代でそこまで不規則な生活をしたり偏食が酷かったわけでもないからです。

幼少時の親元にいた頃から手の汗はありましたが、生活習慣は規則正しかったし食事も母がバランス良く食べさせてくれました。

子供の頃に既に胃の炎症が徐々に進んで、内臓の異常を知らせるシグナルとして手足や身体から異常な量の発汗があったのでしょうか。


胃、コレステロール値などの検査と治療は30代後半に受け、胃炎や高コレステロールを指摘されてからは治療を受けて食事や運動も気をつけるようになりました。


胃の治療を20代に完了していたら、もしかしたら自律神経も平常に近づいて汗があれほど激しくなかったのではないかと考えてしまいます。

 

胃を治療してから生理前後の不調もなくなりました。妊娠時のつわりは毎回酷かったですが、胃炎を早く治しておけば少しはマシだったのではないかと本当に悔やまれます。


40歳になって手や身体の汗が減ってかなり快適ですが、これが10代とか20代だったらもっと何倍も嬉しかっただろうと思います。

 

去年はスクワットをしていましたが、最近は30分〜1時間ほど歩くようにしています。

家族も運動好きなので一緒に散歩したり走ったりすることが日課になりました。


主人が早寝早起きの運動好きなので、つられて私も子供たちも規則正しい生活を送れるようになれたと感謝しています。


神経も血管も汗腺に影響を及ぼしていると思うので、自律神経を整えて血流を良くするために適度な運動は続けていきたいと思います。

 

発汗と血糖値

顔の汗を抑えられないかと色々試しています。水分は1番悩みます。飲まないと発汗しにくいけど、さすがに夏は飲まないと頭が痛くなってきます。

水分を多く摂ると一気にじわっと汗が出そうになります。

私の胃は健康な状態ではないし、昔急性腎炎になったこともあるので水分の代謝は普通ではないかもしれないです。


今日は顔に汗をかきたくないという時は朝~昼は食べない、炭水化物は食べないようにしてなんとかなる感じです。


炭水化物を食べて血糖値が上がったなという時は、汗が多量に出やすいような気がします。

あとは焼肉などを食べてタンパク質を多く摂取しても体温が急に上がるからか汗ばみやすいです。焼肉の煙を吸ったり浴びたりするのも汗が出る原因かもしれません。


胃炎の経過観察中なので大好きだったコーヒーを思い切って辞めてみると顔の汗が以前より出にくくなりました。


去年の夏よりも3キロほど体重を落としたのも顔の汗対策になっているような気がします。

私が20代で痩せていた頃、手も足も全身も汗が酷かったのはなんだったのだろうと本当に謎です。

細身でも多汗症に悩んでいる方は多いので、脂肪だけが悪さをして汗が出ているわけでもなさそうです。

毛髪や爪の先以外の身体中の状態が作用して多汗を引き起こしている場合もあるのかなと感じています。

手の汗は身体の異常のシグナルなのかな

朝から何件か用事を済ませたけど手や顔の汗は大丈夫でした。一昨年までは用事をひとつするだけでも汗がひどかったです。


今さらですが30年以上拭いても拭いても手の汗が止まらなかったのは異常な状態だったなと改めて思います。


多汗症であるとその異常に慣れて、汗が止まらないと都合が悪いけど苦しいとか痛いわけじゃないから我慢してしまいます。

身体は手から発汗させることで不調を警告しているのではないかとも思えます。


手や足の汗を止める機器や薬などを使いながら汗をコントロールすれば生活しやすく、悩みから開放されて精神的にも良い影響がありそうです。

そして同時に汗がなんらかの身体の不調のシグナルかもしれないということを念頭に置くことも大切だと思います。

 

私は両親や祖父母に胃ガン・子宮ガン・糖尿病・甲状腺の既往歴があることもあり、内科の先生に相談しながら気になる項目の検査を定期的にしています。


30代半ばで夫の付き添いで人間ドックを受けましたが、夫はなんの問題もなく私には委縮性胃炎が見つかりました。


はじめから手掌多汗症を治そうと思って人間ドックを受けたわけではないです。

その頃手掌多汗症のことはもうとっくに諦めてしまっていました。

でも結果的にまったく自覚症状のなかった胃炎が早く発見できて、その治療が進むとより一層手の汗も出にくくなってきたように感じます。


邪魔で仕方なかった手掌の汗が実は何十年間も身体の異常を伝えてくれていたのだということもあるかもしれません。

 

 

 

 

手掌多汗症が治って1年が過ぎました

手掌多汗症が治っていると言っていいくらい汗が出ない状態が1年続いて分かったことがあります。

この1年で汗が出て止まらなかった時は、不規則な睡眠をとったり普段しない仮眠をした時だけでした。

どうやら私は起床や就寝のリズムがずれると自律神経が乱れやすいようです。

これが手掌多汗症の原因のひとつかなぁと思います。

胃炎を治療し始めてから一層汗が出る感覚を感じにくくなったので胃も関係あるのかな。

人それぞれ自律神経が乱れる原因が違うことも多汗症を解明しにくくしているような気がします。

多汗症は治ってみてからしか原因が分からない症状なのかもしれないですね。


今から20年前私が20歳の頃、ヤフー検索で1ページから最後のページまで見ても手掌多汗症をすぐに治す方法は見つからなくてひどく落ち込んだ記憶があります。


今は手のひらの汗を止める機器があり、自分に効果があるか心配なら医療機関へ行けば納得するまで試すこともできます。

ツイッターにて機器を使用した方々のレビューをよく拝見していますが、使用感が分かりやすくて参考になります。


医療や健康に関しては、あとに生まれた方がとにかく得だなって思えることが多いですね😊

足汗が出なくなったのは

足の裏の洗い方を変えたおかげもあるように感じています。

前までは綿の洗身タオルにボディソープをつけてゴシゴシしたり、泡立つボディソープの泡で洗ったりしてました。

でも汗をかいてもほぼ匂わない・汗をあまりかかない夫の洗い方を最近真似してます。

 

主人の洗い方は、

ボディソープを両手で全身に塗って普通に洗い流すというものです。

ボディソープのボトルは短期間で空になるのが少し困りますが、この洗い方に変えてから汗の量自体減り匂いもないです。

脇の汗にはあまり効果がない感じなので、脇汗対策にはデオナチュレストーンの直塗りタイプを使用しています。(15年近く特に夏場に使用中。しばらく塗らないと汗量が増えます)

 

肌が弱い方は難しいと思います。

冬は少し乾燥しました。

私は家にあった固形のベビー石鹸を泡立てないで手で足の裏にまんべんなく塗っています。石鹸の成分が汗腺を少し塞ぐのかな?

普段通りにお湯で洗い流して終了なので毎日続けています。

 

 

単なるおまじないみたいな思い込みかもしれないです。でも夏に向けて少しでも汗の量や匂いが減るかもしれないので、足の裏をゴシゴシしてるけど汗の量や匂いが気になる方は試してみてください。

最近のボディソープは敏感肌の方も荒れにくいようにマイルド処方になってきています。私のようにこすっても皮脂が残りやすいタイプの肌にとっては洗浄力が弱いのかなぁと思います。

 

洗身タオルも泡立てもなしなので、とにかく短時間で全身洗えるから面倒くさがりの方にもいいかもしれません。

 

スクワットしたり、

血液のコレステロール値を正常にしたり、

胃炎を治療したり、

自律神経を整えるために早寝早起きしたり、

最近は足裏や身体の洗い方を見直してみました。

 

手足の多汗症のためにはじめたわけではない習慣や治療が時間をかけて汗を減らしたのかもしれません。40歳過ぎたから自然に減った可能性もあります。

 

子供の時から一昨年まで、手のひらや足の裏や顔が汗を拭いても拭いても引かない時、冷房を強くしてタンクトップに短パンでも汗が出続けた時、私の身体はどうなってしまっていたんだろうと思います。

しかもどうして手足の汗は出なくなって顔汗はまだ出るのか結局はよくわからないままです。

 

顔汗が去年の夏ひどかったので今年はどうなるんだろうと不安です。

昨日は初夏のように暖かく顔汗で化粧崩れしそうな予感。

春だけどもう保冷剤で脇を冷やして行こうかどうか迷いましたが、なんとか周囲の人よりも薄着にして乗り切れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多汗症以外の持病の把握

中年になってから多汗症が自然に治った体験談をネット上でみかけることがあります。

私もそのうちの1人で、やっと30年以上続いた多汗症から解放されました。

 

市町村の補助が出て検査も受けやすくなることもあり、中年になると人間ドックを受ける人が増えます。

多汗症以外の不調や病気が検査で見つかり治療をはじめるのもこの年代だと思われます。

すると他の病気が治療で改善して、

自律神経も平常に近づくことで汗が止まることもあるかもしれません。


多汗症で受診しても、ほかに持病がないならば心電図や腹部エコーや脳ドックを受けることは少ないと思います。

 

汗の量の測定、血液検査、問診で対症療法は医師から提示してもらえます。

医師の診断に従って多汗症を抑えながら、念のために心臓・内臓・脳など調べられる検査は受けてみたらいいかもしれません。


若くて多汗症があっても健康なら人間ドックなど検査の必要はないと思われるかもしれません。

しかし検査結果に異常がなければ、やはりストレスや環境なのかなと他の要因に的を絞って調べることができます。

もし多汗症以外に持病があるなら、その持病がおさまってきたら多汗症も軽減する可能性があるかもしれません。

 

多汗症は原因がまだよくわからないだけに、身体全体の状態のチェックは重要だと感じています。

私は人間ドックを受けるようになって、生活習慣を意識するようになりました。

 

私の手掌多汗症は胃炎も関係あったのかな?

去年胃炎の治療をしました。

ピロリ菌の除菌が完了して、あとは定期的に内視鏡検査を受ける予定です。

胃の治療が進み、一段と手の汗が出なくなったと感じています。

去年までは毎年秋冬に手のひらの冷や汗に悩んでいたので今年は随分と過ごしやすいです。


もしかしたら胃炎も自律神経を乱していたのかもしれません。

精神的にもイライラ感が去年よりも軽減したのがありがたいです。

 

ただ胃がきれいになったという喜びが心の安定につながったのかもしれませんが、手掌多汗症と内臓との関係も軽視できないように思いました。

 

自分の体感的には便秘気味の時に汗が悪化することが多かったので、胃だけでなく腸の状態も多汗症に関係するように感じています。

 

胃痛などの自覚症状がなかったので、たまたま家族と一緒に受けた人間ドックで胃炎があった時は驚きました。

 

初期から少し進行した胃炎で3ヶ月前から治療をはじめました。

少し前に胃炎が見つかっていましたが妊娠出産などで通院を先延ばしにしていたので、もっと早く治療をすれば良かったと後悔しています。


30代半ばで胃カメラの検査を受けましたが胃炎があるというのは結構ショックでした。

親が胃がんを患ったことを考えると(20年前に完治して元気でいてくれています)、念のため早めに20代で検査を受けるべきだったかなと今は思います。


胃炎が進行してしまうと例え治療して健康な状態に近づいても、胃がんになる確率は胃炎がない人に比べると高いそうです。


これからは定期的に胃カメラで胃の状態を把握していこうと思います。


最近汗が出たのはインフルエンザの時だけでした。久々に太ももなど脚全体から汗が吹き出しました。

以前まったく元気な時でも脚からの汗が止まらなくて悩んだことがありました。

自分では多汗以外には健康だと感じていたけど、汗が止まらない時点でなんらかの不調の可能性も疑うべきだったと今は思います。